本事業では、被災地の学生を入学前教育から専門教育、さらに就職活動対策や卒業後教育まで一貫してケアし、地元での就職・定着を中長期で支援する教育システムを開発した。
 具体的には、クラウド型eラーニングを活用した教育環境を構築し、そこに、大阪府や兵庫県をはじめとする近畿圏の各分野(医療・福祉・情報・ビジネス・食・観光等)の学校が各種教育コンテンツを提供する。それを、福島県をはじめとする被災地の学校が利用することで、学生の基礎学力の強化と共に専門学校教育の高度化を図り、次世代の即戦力ある人材の育成を支援する。
 構築した教育システムおよびコンテンツは、学校法人こおりやま東都学園(福島県郡山市)で実施した実証講座において、その有用性を検証した。その上で、次年度以降も引き続き、このような教育環境の改善と洗練を重ねながら、被災地の学校における利活用の普及促進を図る。

 
  
  
  
 Copyright (c) 社団法人 大阪府専修学校各種学校連合会